トップページ > アシュラムとは > ちいろば牧師
ちいろば牧師

ちいろば牧師
(榎本保郎 えのもと やすろう)

1925年5月5日生まれ。三浦綾子の「ちいろば先生物語」で広く知られるようになった。1938年に旧制洲本中学校に入学する。少年時代は軍国少年だった。

1944年、満州に出征する。1945年満州で敗戦を迎える。帰国後、敗戦の喪失の中で虚無感に陥っていた。地元の教会に通い始めて、1947年キリスト教の信仰を持つ。

1948年同志社高等学校に入学し、1949年に同志社大学神学部に入学する。同社大学時代神学部の教授のマクナイトより薫陶を受ける。神学生時代に京都世光教会と保育園を設立する。

1963年に愛媛県今治市の日本基督教団今治教会に赴任する。今治教会の週報に二年間連載した「ちいろば」という自伝が加筆されて、1968年に出版される。

1975年今治教会を辞任して、アシュラム運動のために、近江八幡市に移り、アシュラムセンターの主幹になる。アシュラム運動の普及のために、台湾、アメリカ、ブラジルなどを回る。

1977年、アシュラム運動のためにアメリカに向かう途中に肝炎が悪化して、ロサンゼルスの病院に入院する。7月27日、52歳で肝炎のために死去する。

アシュラム運動の普及に貢献した。榎本栄次牧師(日本基督教団今治教会)は実弟。後宮俊夫牧師(日本基督教団総会議長1978-1988)は義弟。

保郎牧師の書 砥部焼
保郎牧師の書 砥部焼

PAGE TOP